海底遺跡ポイント尺図及び深度図


那国島の海底遺跡ポイントは,1986年に新嵩喜八郎がダイビングポイントを開拓中奇妙な地形を発見、インカの遺跡に似ている事から遺跡ポイントと命名した。それは新川鼻の南100mの沖合いの水深25mほどにあり一部分海面上に有る。自然で出来た構造物に人の手を加えられてる事が多々あり、以前は陸上に有ったものだと周辺地形等から確認され、今から約1万年前、海面上昇により水没したとものと言う事が最近はっきりしてきた。国内の地質学者、考古学者、の間にはまだ自然説、人工説の議論が耐えない。しかし国外の地質学者、考古学者、人類学者、ジャーナリストはその地形は人間が手を加えた事は相違ないと言う意見で一致している。皆様も是非一度ご覧になり、自然説・人工説のご意見をお聞かせください、人工説の詳しいことは当ホームページ調査報告書をご覧ください。遺跡ポイントの水深・尺図をご参項に。



海底遺跡 立体・尺図



Back